水戸市少年自然の家

野外活動(フォトラリー)

 
名 称 フォトラリー
概 要 ・指定された時間内にコース上のチェックポイントを見つけ,写真撮影することにより得点が与えられる。チェックポイントは各チームで作戦を立て、任意の順番で回ることができる。
・参加者の年齢や体力に応じて、コース選定や競技時間を設定することができる。

 1 フォトラリーの行い方

  • 参加者は,指定された時間内にコース上のチェックポイントを見つけ,写真撮影することにより得点が与えられる。チェックポイントは任意の順番で回ることができます。
  • 各チームスタート前の作戦会議
    ・作戦会議の時間は10分程度とします。
    ・回る場所、回る順番などを確認し合います
    ・作戦会議には,マップ,ポイント一覧票を使用します。
  • 参加者の移動手段は,徒歩・ランニングを基本とする。
  • コース上では,チームメンバーは互いに声が聞こえ,目に見える範囲内で行動しなければならない。
  • 参加者は,チームに最低1台用意したデジタルカメラでチェックポイント通過証明となる撮影を行う

2 チーム人数

  • 1チーム5人~7人で編成します
    ※自然の家にはフォトラリー用のデジタルカメラを8台まで用意できます。
    参加人数が多い場合には,利用団体でデジタルカメラの御用意をお願いします。

3 本部エリア

  • チームのフィニッシュの時刻は,メンバー全員がフィニッシュした時点の「公式時計」の時刻とする。
  • 通過したチェックポイントを結果提出用紙に記入し,主催者(利用団体の責任者)による写真の確認を受け
    る。
  • チェックポイントの一覧の見本写真と,著しく異なる場合は,得点とならない。

4 得点

  • チームの遅刻は1分当たり・・・1点の減点とする
  • チームの得点は,通過したチェックポイントの総得点から,減点を引いたものである。同点の場合は,フィニッシュした時間が早いチームに高い順位が与えられる。
  • 15分以上遅刻したチームは「失格」となる。

5 開催地への配慮

  • 私有地,農地,立入禁止区域を通過してはならない。※秋頃は、害獣駆除用の『電気柵』に気を付ける
  • ゴミは残してはいけない。
  • 法律(特に道路交通法)を遵守しなくてはならない。
  • 細い路地には入らない。