水戸市少年自然の家

施設案内

所長挨拶

水戸市少年自然の家は,水戸市の北西部,山林に囲まれた自然豊かな環境の中に立地し,常磐自動車道水戸ICから車で5分程度ということもあり,昭和50年4月のオープン以来,県内・県外を問わず,多くの青少年に親しまれてきました。

平成27年からは,2年間かけて大規模改造工事を実施し,全室への冷暖房設備の導入や,トイレのバリアフリー化,さらには40人が一度に入れる大浴場や,自然を眺めながら食事ができる食堂など,大自然の中にありながら快適空間に生まれ変わり,平成29年4月にリニューアルオープンいたしました。

早朝の清々しい空気の中での森林浴,グループで協力しながら山林の中をかけめぐるウォークラリー,他者との関わりを通して必要な対人的技能を育てるグループワーク,笠間焼や野山で採取した天然素材を使ってのネイチャークラフト,夜には口径30㎝の大望遠鏡を使っての星空観察など自然を体感できる様々なプログラムを用意しております。近くにはホタルも生息し,鑑賞することもできます。

また,運動部やスポーツ少年団などの合宿,学校や予備校などの勉強合宿にもご利用いただけます。歩いて30分程度の森林公園には,トレイルランニングコースも整備されました。さらに,自然の家を拠点に少し足をのばせば,大洗での地引網の体験,那珂川でのカヌー体験,さらには筑波山登山なども行うことができます。

職員一同,皆様のご利用をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

水戸市少年自然の家 所長 湯澤 康一