水戸市少年自然の家

施設配置

水戸市少年自然の家には,管理棟,宿泊棟,食堂棟,創作のやかた,多目的ホール,飯ごう場などの施設があります。

創作のやかた

A,B,Cのフローリングの3コーナーがあります。また、各コーナーの床にはいろり式のガスコンロが仕組まれており、全部で33か所で調理することができます。うどん作り、笠間焼はここで行います。雨天時,飯ごう場でカレーづくりができない時,こちらでカレーづくりや鉄板焼きをつくることができます。また,アロマキャンドル作りや雨天時,焼き杉板体験もできます。

 

多目的ホール

各種スポーツ、レクリエーションのほか、雨の日でも室内営火場としてキャンプファイヤー(動画)を行うことができます。スポーツの場合、バドミントンやバレーボールならば2面、バスケットボールならば1面のコートを取ることができます。また,卓球台や綱引き用の綱,二人三脚用のベルトもあります。

   

飯ごう場

A,B,C,Dの4つの調理場があります。30脚のテーブルがあります。

調理場A(かまど6)             調理場B(かまど11,ピザ用3)

    

調理場C(かまど9)              調理場D(かまど10)

   

キャンプ場

テントを30張ることができます。ドーム型の貸しテントもあります。

グランド

レクリエーションやミニサッカーなどを行うことができます。スポーツ少年団や部活動などでも利用できます(一部不整形な部分があります)。

2018年に少年自然の家に池が復活しました。今ではカメや魚などが生息しており,ベンチに座りながらゆっくり観察することができます。

駐車場

管理棟前の駐車場は、子どもたちが往来したり、駐車台数が限られますので、来所の際は十分ご注意ください。