水戸市少年自然の家

活動プログラム

活動プログラム一覧票

野外活動

自然素材創作活動

創作活動

科学創作活動

原始体験活動

夜の活動

心を育てる活動

※グループワークでは、様々なゲームプログラムを通して楽しみながら対人技能を育んでいきます。プログラムの中に『かかわる』『理解する』『表現する』という3つの機能を体験・実感することができる活動です。グループワークを通して、自分が他者から認められたり、信頼されたりしているということを感じ、自分の存在価値や大切さを自覚する感覚を理解し,自己有用感を高めていきます。

飯ごう炊さん

 指導者用飯ごう場片付けチェックカード

 指導者用創作の館片付けチェックカード
 児童用飯ごう場片付けチェックカード
 児童用創作の館片付けチェックカード

※焚き付け用の細木については自分たち(まき係担当)で作ることができます。なたを使って、一枚の板から6本程度の細木を作ります。なお、低学年の児童等で細木作りが難しい場合は、職員に御相談ください。

特別活動

  • 座禅体験
    祇園寺の副住職にご協力いただき、少年自然の家で座禅体験ができることになりました。体験時間は説明も含めて1時間程度になります。(祇園寺の副住職の都合により実施できない場合があります。)
  • 水戸ホーリーホック、茨城ロボッツのコーチ派遣
    サッカースポーツ少年団やミニバスケットボールチームが少年自然の家で合宿をする際に、ライセンス保有者やそれに準ずるコーチをお招きし、少年団等に直接指導してもらうことができるようになりました(金額は要相談、それぞれのクラブチームの都合により実施できない場合があります)。
  • 水戸ホーリーホックコーチによるスポーツ体験教室
    水戸ホーリーホックの協力により、サッカー関係団体だけではなく、その他の団体でもスポーツ体験教室や脳トレが体験できるできるようになりました。また、水戸ホーリーホックのマスコットキャラクターホーリー君をキャンプファイヤーなどに飛び込みで参加してもらうこともできます(水戸ホーリーホックの都合により対応できない場合もあります)。

季節の活動

  • じゃがいも堀り(6月中旬から下旬)
  • さつまいも堀り(10月中旬から下旬)
  • 果樹(なし・りんご)狩り(9月から11月)