水戸市少年自然の家

ウォーターロケットプロジェクト ステージⅢを開催しました。

 

10月28日(日),4回シリーズの3回目となるウォーターロケットプロジェクト ステージⅢを開催しました。ウォーターロケットとは,水と圧縮した空気を入れたペットボトルの弁を一気に開放して噴出させ反動で飛行させるもので,今回は小学生17人がダブルタンクロケット作りに挑戦しました。1人で作るのは大変難しく,悪戦苦闘しながらも仲間と協力して何とかそれぞれのロケットを完成させました。
そして,外に出ての打ち上げ。苦労して作ったロケットが天高く飛んだ時には,とてもうれしそうでした。
水戸市少年自然の家では,活動プログラムの1つとしてペットボトルロケット作りがあります。未来のロケットエンジニアを目指してぜひ挑戦してください。